2008年06月04日

【うんちく】先住民族

国会で「先住民族決議案」が採択される見込みです。

さて、先日お伝えしたムックリの写真をアップします。
mymukkuri.jpg

「My二胡」には慣れ親しんできましたが、
「Myムックリ」にも早く親しみたいです。

びょ〜ん びょ〜ん ぼょ〜ん ♪
近いうちに音声をアップします。

来週急遽、上海出張が入ってきたので、
その後かな?
posted by りゅう きむきむ at 19:33| ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

【ポッドキャスト】「二泉映月」お試し


とうとう「絹の弦」張ってみました。
アービン(かつて書いた二胡の神様)の時代は
このような絹の弦しかなかったのでしょう。
何かタイムスリップしたような気がします。
kinugen.jpg

そこで思い立ったのが・・・
それじゃアービンの名曲「二泉映月」をこの絹弦で!
やっちゃいました。さわりだけですが・・・

張り替える前にスチール弦でも弾いてみて
両方録音しました。
最初が スチール弦(銀弦)
次が   絹の弦

音の違い

判りますか?
posted by りゅう きむきむ at 16:39| ☔| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

【うんちく】絹弦と象牙のこま

コメント入れていただいた ”達人”さんの情報で
購入しました。
弦堂さんから
http://kinugen.cyada.org/

象牙のこま
絹の弦

さてと どうしましょうかね
とりあえず 象牙の駒を装着したところ
かなり音が 硬いかな?

次は
明日にでも ”絹の弦” 張ってみますよ。

 絹弦.jpg

なんかちょっと
わくわくですぅ。
posted by りゅう きむきむ at 19:58| ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

【ポッドキャスト】「Love Love Love」


3週間も曲のアップロードの放送を休んだので
いつの間にか桜も散ってしまい
鯉幟の休日になってしまいました

我が家にも立派な大将飾り・・・・
左手に
P1000079.jpg  

   ” 弓 ”

勇ましそうです
そう 二胡の弓でした
このような 長くて立派な弓をもっている
五月人形はいないのではないでしょうか



<a href="http://liu-kimkim.up.seesaa.net/image/21.mp3" class="audio-link">21.mp3</a>
posted by りゅう きむきむ at 15:33| ☁| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

【うんちく】続・弦楽器の魅力

今週参加したパーティーで隣の席に座った方
女性なのですが ピアニストでした
先週の「弦楽器の魅力」の内容を話題にしたら
すごく会話が弾みました

その方も以前 札幌市内で『二胡教室』
1年間程度 通われていたとの事

ところで
話の中で アイヌ民族の楽器「ムックリ」
この話題になりました

mukkuri.jpg

「ムックリ」は ”口琴”というジャンルの楽器で
口の中で音を共鳴させて 
なおかつそこで音階を作る
口、舌、頭蓋骨、唇、喉、食道などなど
上半身のいたるところを微妙に使うらしいです
 
ほとんど世界中にある(南アメリカ大陸以外)
とのことです・・・口琴系楽器
「ムックリ」は竹で出来ていますが
木材、金属などの素材でしなやかな状態の本体
これに紐をつけたり 指を使ったりして
1次振動を発生させて それを身体で”アレンジ”
するわけです

なんかすごくおもしろい話でうきうき
ムックリは持っていないのですが・・・

自分の下唇の力を緩めて軽く閉じて
人差し指で下の方向に軽くはじいてみました

ほら
口の形とか 口腔のスペースを微妙に変えると
口全体が ”口琴”になっちゃいました

posted by りゅう きむきむ at 04:53| ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

【うんちく】弦楽器の魅力

昨日、知り合いのご夫婦の息子さんが芸能関係
のお仕事をしているのですが、彼は
    ”津軽三味線”の名士
なのです。そして聞かせて頂きました。
以下感想です。

いつも二胡を見ているので、まずその大きさに
かなり圧倒されます。
竿も太くて長い。
撥(ばち)で弾いて音の迫力は全身に響く。
すごいものでした。
太鼓部分は「犬の皮」、撥は「べっこう」とのこと。
1本200万円というのにもびっくりさせられました。

そこで、自分なりに弦楽器についていろいろ
考えたことを書きます。

弦楽器は大きく分けると
1. はじくタイプ
2. こするタイプ
3. 1.の変形でたたくタイプ
このように分けられるのではないでしょうか。

1. のタイプは
  三味線 琴 ハープ ギター などなど
2. のタイプは
  二胡 ヴァイオリン チェロ
3. のタイプは
  揚琴・・・・中国女子十二楽坊で木琴のように
        弦をたたいている楽器
  この系譜は「ピアノ」に通じます。
  このカテゴリーを弦楽器と見るか打楽器とみるか
  微妙です。
※このほかアイヌ民族の「むっくり」のようなものは
 どのカテゴリーかはよくわかりません。

たぶん古代の人間はいろいろな物を使って
音を出して楽しんでいたんでしょう。
それにしてもそれぞれの弦楽器はみごとに
別々に完成度を高めていったのでしょうね。

すばらしいことです。
津軽三味線を聴いたことからいろいろと
考えさせていただいた1日でした。
posted by りゅう きむきむ at 06:23| ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

【ポッドキャスト】「さとうきび畑」A


返品・・・・・・・

先週購入した「マイク」
パソコンに適合していないのが判明しました
なんと・・・・
よって 明日返品の憂き目に決定

代わりのマイクはないとのことで
マイクスタンドも自動的に”返品”
元のピンマイクに戻ります

キャンディーズや
都はるみが
元の・・・・に戻ります みたい?

あぁ
ちょっと憂鬱な気分です
演奏は次回から少し間隔を広げますが
「うんちく」楽しく読めるように
がんばります

今日中国語の検定「C-TEST」と言うのを
受験してきました
最近サボってばかりなので
またしても”耳”が退化していて
ヒアリングが不満の結果です
何事にも手を抜くのは良くないよね



<a href="http://liu-kimkim.up.seesaa.net/image/20.mp3" class="audio-link">20.mp3</a>
posted by りゅう きむきむ at 22:33| ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

【うんちく】「本来の音」

いつもこのブログを聞いてくれている方から
     質問がありました
「二胡の本当の音を聞いたことは無いのですが・・・
  こういう”音”なんですかぁ?」

う〜ん
チェンミンやジャーパンファンのCDを聞くと
どうみても違う楽器を演奏しているんじゃないって
いつも自分で思っています

いくら下手でもここまで音色が違うものですかね
バイオリンとかチェロとかの他の弦楽器って
どうなんでしょう?????

たしか・・・
二胡を始める時
あの チュィ〜ん♪ しゅる〜ん♪ に惚れて
スタートしたはずなのに 違うんですよね

まだ1年たっていないんだから
しょうがないかな?
いつの日か
チュィ〜ん♪ しゅる〜ん♪ を夢見て・・
posted by りゅう きむきむ at 07:47| ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

【ポッドキャスト】「荒城の月」


春になると気持もウキウキするものです

ウキウキついでに
買い物に出かけてきました
以前から欲しいなぁと思っていたもの

まえに”二胡部屋”紹介で壁にかけていたもの
そのなかに「小さな録音マイク」ありました

今回どうしてもちゃんとしたマイクが欲しくて
Yカメラに行って買って来ました
ついでに マイクスタンドも・・・・
P1000073.jpg

しかしですよ
マイクがよいからと言って 音が良くなる
大してそうは思わないくらい
   ”へたくそ”にとっては・・・
前とあんまり変わらないような気がします

ゴルフクラブを買い換えて
ゴルフが上手くならないのと似ています



<a href="http://liu-kimkim.up.seesaa.net/image/19.mp3" class="audio-link">19.mp3</a>
posted by りゅう きむきむ at 17:09| ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

【うんちく】テクニック

去年9月に上海に行った時に
東京で言う神田神保町のような本屋さん街
 「福州路」という書店ばっかりあるエリア
ここにけっこう毎日行きました

そのエリアで一番大きな書店が
「上海書城」と言うお店です
ここは本だけではなくDVDや教育文具など
いろいろな物が売られています

9月に買ってきたもの

1.中国語の検定(HSK)教本
2.参考書
3.ドラえもんのDVD(たぶん海賊版)
   ※これは友達に頼まれたもの
4.シルクロードのDVD
5.歴史講話番組のDVD
   ※中国では歴史解説講話番組が流行

そしてこのVCD
6.二胡のテクニック 
  ・・・・・・買ったことをすっかり忘れて
       さっき本棚で発見!
cd.jpg
内容は
 「揉弦(ロウシェン)」・・・ヴィブラート
 「滑音(ファーイン)」・・・ポルタメント

初心者にはあんまり関係ないテクニックですが
とりあえず見てみました
はげ頭の「趙寒陽」と言う先生が早口の中国語で
生徒の子供2人に説明するといった感じ
さすが中国・・・・・・・・
番組のダビングモノでした
VCD4枚で40元(600円)くらいだったかな?

なに言ってるかよく判らないから
とりあえず ”手元”の動きだけ真似してみます
それにしても6ヶ月も忘れるなんて

こちらも
トリ頭か はげ頭かぁ 程度ですね
posted by りゅう きむきむ at 21:19| ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。